DonQuixote

DonQuixote

面と向かって人には言えない、心の声を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Snarky Puppy - Sleeper (We Like It Here)


最近観た(聴いた)中で個人的に最強なのがこの”Snarky Puppy”
特にこの曲は私が今までの人生で出会った音楽の中でもイチニを争うくらい素晴らしい名曲だと思う。
泣ける!

スポンサーサイト
  1. 2017/01/10(火) 18:27:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

報告

だいぶ長い間放置してますが、一応生きてますっていう確認報告してみました(笑)

  1. 2017/01/10(火) 15:24:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アベノミクスうぜー

参議院選が始まってますが、自民党のネットCM,半端ないっすね。
どこを見てもそこらじゅうで病弱な総理が歩きながらくっちゃべるCMが流れまくります。

どんだけ人の税金使って宣伝しとんねん。

民主党が全部反故にしちゃって、マニフェストも全く意味がないことが明らかになって、もう何を信じればいいのかわかりません。

とりあえずアベノなんとかさんは、TPPに関して選挙前と明確に言っていることとやっていることが違ってますから、このCMが言っている事もきっと真逆の事をやるに違いありません。

気をつけましょう(笑)

あ~あ、まともな政治家ってどこにいるんでしょうか。


  1. 2013/07/08(月) 23:00:44|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久しぶり

更新。
テレビも見なくなって、政治にも失望し、情報にすっかり疎くなってしまいました。
アベノミクスってなんぞ?
知りたくもあり知りたくもなし。
いや、知りたくないや。


  1. 2013/05/14(火) 23:36:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国民不在

最近テレビを全く見なくなったので知りませんでしたが、なんか内閣改造したみたいですね。
新聞ちゃんと読まないといけないですね。
ただ、なんの期待も興味もない。
国民との約束も全然守らず、やることをやらず、成果も上がっていないのに省庁のトップだけがこんなに頻繁にすげ替えられるから、官僚に政治家は馬鹿にされ、国民も政治家の言う事を全く信用出来ないんですよね。
部下にも信用されていないのだから、政治家は言ったことを実現出来るわけなんてない。
実際に実務を担当する官僚だって、指示を受けてもそれが実行出来ようが出来まいが、成果を確認する前に完全に投げ出して辞めちゃうんだから、真剣に指示を聞くはずもない。
そもそも、自分が担当していたとき以外は自分の責任じゃないと堂々と言ってのける政治家の皆さんは、自分が担当のときの指示さえ責任を取らないんですから、言いたい放題、やりたい放題です。

とうとう全国区に打って出た維新の会の橋下さんにはちょっと期待していますが、どのくらいやってくれるのか、出来るのかは見てみないと、もう本当に政治家なんか全く信用出来ない。
官僚に丸め込まれるのが先か、やりたいことが出来ないとか良い言い訳をしてさっさと投げ出してやめてしまうか。
自民党はその、一番大事なときに全部投げ出してやめてしまった元総理をまたトップに担ぎあげたんですから、空いた口が塞がらないとはこの事。
ただ、維新の会がこの元総理と同調しそうな流れなのが、さらに気分を重くさせてくれます。
実利面で利用出来るものは利用する、っいうのが維新の考えなのかもしれませんが、ミイラ取りがミイラにならない保証なんかどこにもない。

橋下さん本人のやる気、崇高な精神には期待していますが、一人ではどうにもならない。
その気持ちだけを利用しようとしている人が既に周りにいっぱいいるわけで、こいつらを上手くさばいて、国民のための行動を遂行出来るか。
期待を裏切られるかもしれないけれど、私は一度だけはチャンスを与えてみたいと、今は思っています。


  1. 2012/10/01(月) 21:53:53|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

g.u.でキャンペーン

めちゃくちゃ暑い日が続いております。
夏だな~と実感できるのはいいんですが、暑すぎてバテバテ。
そんな中、ファーストリテイリングのg.u.で気温が35度以上になるとクーポン配布っていうキャンペーンをやっています。

猛暑をさらっと乗りきろう。さらっとSUMMERキャンペーン
http://saratto-summer.gu-japan.com/

基準が気象庁発表の東京都千代田区の気温と言うことで、じぶんの住んでいる地域と温度に差があったりすることもあると思いますが、チェックしておくと得するかも。
でも35度はなかなか超えませんけどね(笑)


  1. 2012/08/05(日) 18:00:12|
  2. ちょっと得するかも|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

橋下大阪市長

民主党にはすっかり騙された感が強くて、政治のニュースは見るのも嫌っていう感じで最近はどんな情勢になっているのかよくわかりません。
今の総理大臣の名前も良くわからないくらい。
野田さんだっけ。
でもヒドいよね~。
マニフェストで約束した事は全然やろうとしないのに、やらないと言っていた消費税増税の実現に政治生命を掛ける、なんて言っちゃってるんでしょ?
もうほとんど政治家=嘘つき、としか思えません。

そんな中で、今私が唯一興味を持っている政治的な話題、それは橋下大阪市長。
この方、というか大阪市はYouTubeで毎日この橋本市長のぶら下がり会見をネット配信しているんですね。
毎日ぶら下がりの会見を登庁時、退庁時に行うっていうだけでもすごいと思うけど、それを包み隠さず全部YouTubeで公開するっていう、これだけでも素晴らしい姿勢だと思う。

そして、その内容もとても誠実、というか筋が通っていて小気味いい。
私は毎日この橋本市長の会見動画を見るのが楽しみ。
さすが元弁護士、という感じで、本当に弁が立つ。
質問する記者はよほどしっかり勉強しないと、全く歯が立たない程に論破されてしまう。
その様子を見るだけでも面白かったりします。
逆に言うと、いかに今まで慣れ合いで勉強不足の記者しかいなかったか、というのもわかってしまった感じです。
このくらい筋の通ったしっかりした人ならきっと日本を立て直せると思います。
というか、この橋本市長は大前提として大阪を良くしたい、という善意の気持ち、ボランティア精神にも似たそういった気持ちが見ていて、聴いていてこちらに伝わってくる。
これが素晴らしいです。
私利私欲で動いていない。
これがわかる。
それだけでも感銘を受けます。


大阪市動画チャンネル


  1. 2012/06/08(金) 05:36:09|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

?年振り?

月日は百代の過客にして行き交う人もまた旅人なり。
なんだかすごくほったらかしでしたが、心機一転、またここから始めたい。
まずはトップ広告を消すために、ご挨拶。


  1. 2012/05/05(土) 22:29:23|
  2. Miscellaneous|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小椋久美子さんと千代大海関

千代大海関が引退を表明されました。

まずはお疲れ様でした。

彼は自分が納得するまでとことん相撲をやったと思います。
自分のベストの状態の時にやめるべきと言う考えもあります。
そういう美学もわかりますが、私は最後の最後まで頑張ってやめるのは全然格好悪いとは思いません。
続ける事は本当に大切で凄い事だと思うから。



バトミントンの小椋久美子さんも引退会見を開かれていましたよね。


頑張ってる人に”頑張れ”なんて言えないよね、なんていうCMも流れていますが、私は全然そんな事は思わない。

頑張っている人に頑張れって言うのの何が悪いんでしょう。

頑張ってる人に、”頑張ってるね~おつかれさま。ちょっと休む?”なんて言うのが優しさだと言うのなら、そんなのに私は全く賛同する気にはなれません。

頑張るのに上限なんかあるわけないと私は思います。
もっと頑張っている人がきっといるからです。

自分で頑張っている、なんて自覚している状態はまだまだ頑張りが足りない証拠です。


小椋久美子さんは体調が戻らないのがひとつの原因だと言っていました。

ただ、疲れたから一旦休んで考えたい、とも言っていました。


彼女はまだ全然ふっきれていない。
彼女の中ではやり残したという思いがきっといっぱいのはずです。

まだまだやれるのに辞めてしまった、という思いはきっと一生引きずる苦い思い出となるはずです。

誰かが強引に首根っこを引っ捕まえてでも続けさせるべきなんです。

それが彼女のためだと私は確信している。

きっと彼女は理想としている目標がものすごく高いんだと思う。

だから、人からみたらすごい事をしていてもまだまだ満足出来ない。
足りない部分に目が行ってしまうからです。

”こんなに努力したのに結果がでない”という思いが出てくるのはしょうがないと思うんです。

だけど、努力と結果を損得で見てしまったらだめなんです。

それまでは脇目もふらずに頑張ってきて、ふとそういう思いが出たとき、辞めたい、と思う気持ちが出てくる時があるのはしょうがないと思うんです。

ただ、そこを乗り越えて欲しい。

周りがもっともっと続けるように説得すべきです。

だって彼女はまだ自分でも納得していないからです。
これは私は確信を持って言えます。

絶対に彼女は今辞めてはいけない。

彼女にメールや手紙を送る方法があったら誰か教えてください。

私は絶対彼女に続けて欲しい。
彼女自身のためにもオリンピックを目指して欲しい。

結果を求めず、悲惨な結果になるとしても、続けるべきなんです。

引退会見を覆したら人になんといわれるかわからない。世間になんと言われるかわからない。それは事実です。

でも格好悪くてもいい、人になんと言われてもいいから続けるべきなんです。

オグシオコンビを解消したときの情熱、あの情熱は彼女の中でまだくすぶっている。
絶対。

誰かが彼女の心の中に手を突っ込んで、その情熱の炎をもう一度燃え上がらせてあげるべきです。

出来ることなら私がそうしてあげたいけど、できません。

近くにいる人が支えになってあげなければいけないのはこういう時なんです。


”もう十分頑張ったから休んでもいいんだよ。”

こんなふうに言ってあげるのが優しさじゃ絶対ない!
周りも本人も良い人になっちゃいけないんです。

もっとがむしゃらに、今ならオリンピックをまだ目指せるはずです。

今諦めたら絶対に後悔するんです。

小椋久美子さん、絶対やめるな!





  1. 2010/01/13(水) 14:57:10|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自民党の考える「野党」

2009年9月5日の中日新聞 「政党が変わる」欄より

抜粋

 与謝野馨財務相は一九九三年、衆院議運委院長だった時、自民党下野を経験している。途方に暮れ、政治の師である中曽根康弘元首相に「野党の仕事とは何ですか」と聞いた。その時の中曽根氏の答えを今も忘れない。
 「何が何でも政権を倒す。政策も何もない。それが野党だ」


だそうで。

私が以前から願っていた民主党への政権交代がついに実現しましたが、早速自民党内では色々とごたごたが始まっていますね。

元々が権力目当てに集まっていたようなものですから、ある意味当然とも言えます。

一時期自民党は民主党のことを野合だと、国会などで流行言葉のように言いまくっていた事がありましたが、自民党自身が権力を握りたい”だけ”の烏合の衆、野合だと言うことが、権力の座から滑り落ちた今、明らかになってきました。

選挙中の自民党立候補者の行動を見てもそれは明らかですよね。

妻や親族を引っ張り出して、お涙頂戴の「なんとか勝たせてください」のお願い攻勢。
土下座までして涙ながらに訴える姿は確かに同情を買うには格好の選挙戦術だとは思いますが、ここには国民のため、なんていう姿勢はかけらもありません。
すべては自分のため。
「わたしこんなに可哀想なんです。どうか助けてください」って。

助けて欲しいのは自民党の政治によって酷い目にさんざん遭わされている私たち国民の方なんですけど。

思うに、自民党の言う事って、すべて「人の振り見て我が振り直せ」みたいな、「それってあなたたち人の事言えるんですか?」みたいな発言ばっかりですよね。

「民主党はまず対案を出せ」
民主党はちゃんと反論すべき政策についてはきちんと対案を出していたと思いますが、自民党の重鎮の考え方は最初に述べたように「何が何でも政権を倒す。政策も何もない。それが野党だ」ですからね(笑)
自民党の皆さんはきっとこれからそういう行動に出られるんでしょうけど、民主党は野党としてみたら自民党よりもかなりまともだったんだなぁ、とこれからわかるようになるでしょう、きっと。

「民主党のマニフェストは単なるばらまきで、財源をどうするのか」
これは今回自民党の皆さんが選挙戦でこれでもかと訴えていた事ですが、自民党が選挙戦前に行った数々のばらまき政策、これの財源が何かといったら、民主党が言い始めた「霞ヶ関埋蔵金」と、残りはほぼすべて国債。要は国民への借金でまかなったわけです。
小泉さんの頃言っていた国家予算の単年度プライマリーバランス黒字化はあっさり無かったことになっちゃいました。
そもそも小泉さんは国民との約束を「もっと大事なことのためにはこの程度の事は守られなくてもしょうがない」と堂々と言ってのけた人です。
自民党は約束やマニフェストを守らなくてもどうって事はないってはっきり言っていたんですから、民主党のマニフェストになにか言う権利なんかあるんでしょうか。

もちろん民主党さんのマニフェストだって全然実現されなかったら当然国民は怒って次の選挙では他の政党に投票して民意を示す事になると思いますが、自民党に戻る事はもうないのではないか。日本人はそんなに馬鹿じゃないと私は信じます。既得権益を今まで握っていた人たちの存在はちょっと怖いですが。


  1. 2009/09/06(日) 13:45:26|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いつからこんなモラルレスな世の中になったのでしょう

最近は企業は不景気になるとまず人件費の削減に動くようですね。
一昔前ならこんな企業は世間から袋叩きに合っていたはずです。

これは派遣社員や契約社員が製造業に拡大されたことで、企業にとって雇用調整しやすい
労働力が増えた事が非常に大きいと思います。

企業にとってみれば正社員として雇っている人間と、契約、派遣で雇っている人間の
価値は全く違ってきているのです。

正社員は自社の財産としてそれなりに保護する対象として扱っているとは思いますが、
契約、派遣になると、人間として扱っているかどうかすら怪しい。

なにしろ、営業利益が赤字になって、真っ先に削られるのが株主配当でも役員報酬でもなく、
まず契約、派遣切りなのですからすごいですよね。

契約、派遣の方の価値は一番下なんです。

これは企業の損得理論で言えば当然になるのかもしれませんが、これが倫理的に問題ないかどうかは尋ねるまでもないのではないでしょうか。

政治の責任も大きいでしょう。
製造業の派遣の自由化、これが一番の問題です。

つまり、この自由化によって、派遣会社が乱立してしまった。

企業は安易にこういった派遣会社から雇用を調達することになりました。

こういった雇い方では下手をすると毎日来る人が違いますから、雇う方は
派遣社員に継続的な情報は教えようとしないし、技術も教えたところで次に同じ人がくるかどうかも
わからないわけですから、雇用関係も密になることはほとんどありません。

製造業にだって技術の伝承、蓄積といったものが当然あるはずなのに、それは全く失われてしまっているのです。

今テレビで派遣会社がいくらピンハネしてるかと言う話で、時給1800円のうち600円といっていました。
私はこれよりもっと多くハネている派遣会社は相当あると思います。
これは私が以前働いていたときの実感です。

派遣会社の方が必死になって説明しているのはこの事実が公になると非難は免れないことを自覚しているからです。

企業だって、製造業でもなんでも、継続的に人を雇って、知識や技術を蓄積してもらった方が間違いなく会社にとっても利益になると言うことを自覚して欲しいです。

派遣会社をまず減らすべきです。
派遣会社があるから、企業は安易にそこから人材を調達してしまうのです。

国際競争力?
国際競争力を維持するために国内がこんな滅茶苦茶になっても良いなんて言う理論は
企業にとって都合のいい理屈にすぎません。

海外に労働を移した方がコストが安い、といって脅す企業には海外に行ってもらえばいいんです。
そんな企業を引き留めるために法人税をもっと下げよう、なんていう理屈はとうてい受け入れる事はできません!


  1. 2009/02/01(日) 11:02:25|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

えなりくんって

今テレビで年金の問題についてやっていて、そこにえなりかずきさんが出演していました。

前から太田総理など、政治に関するテレビの番組にいろいろ出ていた彼だけど、今日は見ていてちょっと感心してしまいました。

とてもよく勉強しているし、彼の怒りがこちらにも良く伝わってきました。

私も常日頃から抱いていた怒りだったので、非常に共感できました。

それに比べると、司会?をしていた関口弘さんや専門家の先生の発言はなにかこう、歯切れが悪いというか、なぁなぁで当たり障りのない態度でこなそうとしているのが見え見えで、とても歯がゆかったですね。

なにか圧力が掛かっているとか、利害関係があるのではないかと思わず疑ってしまうような態度に私には見えました。

だいたいこういう番組って問題提起だけに終わっていて、発信する側はほとんど傍観者の立場で表面をなで切りしておしまいってのが多くて残念でなりません。

もちろん、問題を浮き彫りにして発信することにも大いに意義があると思いますが、年金問題はもうずいぶん騒がれている問題であって、今さら問題を浮き彫りにしておしまい、では物足りないと思ってしまっても仕方がないのではないかと思います。

えなりさんの言っていた事は終始一貫していて、論理的な怒りであったと私は思います。

世間の一般常識からかけ離れた、ほとんど詐欺に近い年金の問題をなぜもっと責任追及しないのか。

「やってしまったものはしょうがないから解決策をなんとか考えなくては」という論調で我々日本国民が果たして納得できるでしょうか。

犯罪者が捕まったら、再犯防止策を講じることはもちろん大事ですが、それよりまずその犯罪者を厳しく罰しなければならないのは考えるまでもありません。

会社の経営者は自分の会社を倒産させてしまったら、私有財産はほとんど没収されるのが当然なのに、税金ならなんのおとがめもなく、多額の退職金をもらって天下りまであっせん。

こんなのが許されているから我々は怒っているのです。


P.S.
えなりかずきさんって漢字だと「江成 和己」と書くって知ってました?
漢字だと随分イメージが違いますよね。

えなりさんが仮に国会議員に立候補したら絶対当選すると今日見ていて思いました。


  1. 2009/01/28(水) 22:13:21|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。