DonQuixote ニュース

DonQuixote

面と向かって人には言えない、心の声を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小椋久美子さんと千代大海関

千代大海関が引退を表明されました。

まずはお疲れ様でした。

彼は自分が納得するまでとことん相撲をやったと思います。
自分のベストの状態の時にやめるべきと言う考えもあります。
そういう美学もわかりますが、私は最後の最後まで頑張ってやめるのは全然格好悪いとは思いません。
続ける事は本当に大切で凄い事だと思うから。



バトミントンの小椋久美子さんも引退会見を開かれていましたよね。


頑張ってる人に”頑張れ”なんて言えないよね、なんていうCMも流れていますが、私は全然そんな事は思わない。

頑張っている人に頑張れって言うのの何が悪いんでしょう。

頑張ってる人に、”頑張ってるね~おつかれさま。ちょっと休む?”なんて言うのが優しさだと言うのなら、そんなのに私は全く賛同する気にはなれません。

頑張るのに上限なんかあるわけないと私は思います。
もっと頑張っている人がきっといるからです。

自分で頑張っている、なんて自覚している状態はまだまだ頑張りが足りない証拠です。


小椋久美子さんは体調が戻らないのがひとつの原因だと言っていました。

ただ、疲れたから一旦休んで考えたい、とも言っていました。


彼女はまだ全然ふっきれていない。
彼女の中ではやり残したという思いがきっといっぱいのはずです。

まだまだやれるのに辞めてしまった、という思いはきっと一生引きずる苦い思い出となるはずです。

誰かが強引に首根っこを引っ捕まえてでも続けさせるべきなんです。

それが彼女のためだと私は確信している。

きっと彼女は理想としている目標がものすごく高いんだと思う。

だから、人からみたらすごい事をしていてもまだまだ満足出来ない。
足りない部分に目が行ってしまうからです。

”こんなに努力したのに結果がでない”という思いが出てくるのはしょうがないと思うんです。

だけど、努力と結果を損得で見てしまったらだめなんです。

それまでは脇目もふらずに頑張ってきて、ふとそういう思いが出たとき、辞めたい、と思う気持ちが出てくる時があるのはしょうがないと思うんです。

ただ、そこを乗り越えて欲しい。

周りがもっともっと続けるように説得すべきです。

だって彼女はまだ自分でも納得していないからです。
これは私は確信を持って言えます。

絶対に彼女は今辞めてはいけない。

彼女にメールや手紙を送る方法があったら誰か教えてください。

私は絶対彼女に続けて欲しい。
彼女自身のためにもオリンピックを目指して欲しい。

結果を求めず、悲惨な結果になるとしても、続けるべきなんです。

引退会見を覆したら人になんといわれるかわからない。世間になんと言われるかわからない。それは事実です。

でも格好悪くてもいい、人になんと言われてもいいから続けるべきなんです。

オグシオコンビを解消したときの情熱、あの情熱は彼女の中でまだくすぶっている。
絶対。

誰かが彼女の心の中に手を突っ込んで、その情熱の炎をもう一度燃え上がらせてあげるべきです。

出来ることなら私がそうしてあげたいけど、できません。

近くにいる人が支えになってあげなければいけないのはこういう時なんです。


”もう十分頑張ったから休んでもいいんだよ。”

こんなふうに言ってあげるのが優しさじゃ絶対ない!
周りも本人も良い人になっちゃいけないんです。

もっとがむしゃらに、今ならオリンピックをまだ目指せるはずです。

今諦めたら絶対に後悔するんです。

小椋久美子さん、絶対やめるな!





スポンサーサイト
  1. 2010/01/13(水) 14:57:10|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国の刑罰を見習うべき?

NHKのBSで世界のニュース番組を紹介しているのを見ていたら、中国で食品にメラミンを混入させていた事件で逮捕された人への判決が流れていたんですが、その刑の重さにちょっとビックリしてしまいました。

死刑、無期懲役がほとんど。最初耳を自分の耳を疑ったくらいでした。

でも、このくらい重い刑罰でもいいんじゃないかとも思うんですよね。
だって、件のメラミン混入の事件では実際死者も出ていたと思うし、犯罪予防、という観点からも、
このくらい厳しい判決が出るとわかったら、確実に犯罪の抑制につながると思います。

さらに、これは日本にはないと思うんですが、執行猶予付きの死刑、というのもあったんです。
犯罪予防、再犯予防という観点からすると、これは強力に効くんじゃないかと思うんです。

こういった食品偽装は、懲りずに再犯を繰り返す犯罪者が非常に多いはずです。
先日もテレビで特集されていましたが、日本では産地偽装で逮捕されて有罪になっても、罰金程度のごくごく軽い罪にしかなりません。
そして、その特集では会社名を変えたりするだけで再び同じ事を繰り返している犯罪者が逆切れしていました。
捕まっても罰金を払う程度であれば、偽装によってそれをはるかに上回る利益を上げられるんですから、懲りない面々にとっては全く抑止効果なんかないわけです。
そもそもこういう事をする人間というのは自分の利益のためには他人はどうなってもいいという精神構造ですから、本当はせめて同じ商売はもう出来なくするくらいの罰があってもいいんじゃないでしょうか。

そういう意味では、中国のような執行猶予付きの死刑、これは強烈に再犯予防に効き目があるんじゃないでしょうか。
なにも食品偽装に限らず、飲酒運転なんかも執行猶予付きの死刑にすれば、再犯は激減するはずです。

仏の顔も三度まで、と言うように、同じ犯罪を二度も三度も繰り返すような人は死刑にしてもいいんじゃないでしょうかね。

というわけで、私は個人的には日本にも執行猶予付きの死刑、という量刑を取り入れる事を望みます。


  1. 2009/01/23(金) 00:15:40|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

政治家って・・・

今日は参議院で代表質問が行われていますが、政府与党、自民党の人達の発言を聞いて
みなさんどんな感想をお持ちですか?

特にここをごらんいただくかたの大多数はサラリーマンだと思うので、とりあえずそういう方対象に私の意見をいいます。

今議会で大きく話題になっているのはガソリン税の暫定税率をどうするかという問題です。
伊吹文部大臣や町村官房長官はこれが廃止になったら必要な道路が造れなくなると必要以上に私たちの不安をあおるような発言を繰り返して、なんとかしてこの税を維持しようとやっきになっています。

でもよく考えてみてください。
道路整備が特に必要と言われているのは農村など過疎地、地方ですが、その道路を走らせるガソリンが高くなりすぎて走ることを控えなければならない状況に今なっているわけです。

道路だけ綺麗になってもそこを走らせる事ができなかったら本末転倒ではないでしょうか。

政府や与党は国土交通省に繋がっている建設族など道路関連の人達にお金が渡ればそれでいいので、道路さえ造れれば、あとがどうなっても構わないのです。
必要のない道路や必要以上に綺麗な橋がそこかしこで造られているのは皆さんもご存じのはずです。
自民党は今度の選挙でどうしても道路関連の組織票が必要だからここまで必死なのです。

寒冷地での灯油の値上がりは生活を既に直撃していますが、そういった人達の票は俗に言う「浮動票」で計算できないのでガソリン税を値下げしても票に結びつかないと自民党の偉い人達は考えているに違いありません。

こんなに苦しい私達の生活を変える第一歩になるにちがいないガソリン税の暫定税を廃止するにはどうすればいいか。
私たちサラリーマン一人一人ではどうにもならない、と考えるのではなく、行動に移す必要があるのです。
それはつまり選挙に投票に行って意志を示すと言うことです。

自民党にも不満があるけど民主党も頼りない。

そう思う方も多いかもしれませんが、変えなければ今のままです。
このことを良く考えてみて欲しいのです。

前回の参議院議員選挙で民主党にみなさんが投票したときの気持ち、それは、
今の自民党の政治には心底頭にきた。もっと私たち国民一人一人の気持ちになってくれる
政治に変えて欲しい。

そう思ったはずです。

確かに民主党にはいろいろ頼りなさげなところもあるかもしれない。
代表の行動に納得のいかない部分もあるかもしれない。

でも今変えなかったら、ますます私たちの暮らしは悪くなる。
もっと力のないひと、苦しい人がいじめられる。

これは間違いないのです。

私たちは政治家に完璧なクリーンさを求める事も大事ですが、まずは少しでも良い方を選択する必要があるのではないでしょうか。

民主党の政策には現実性がない、という方も大勢いますが、まず一度まかせてみてはどうかと私は思うのです。
あまりに素晴らしいと思える考えはとても実行できないと思うかもしれませんが、もし実現できたらそれは素晴らしいことです。

これだけ私たちを苦しめている政治を、「それでもこれしかないから」と選択するのはいかがなものかと私は思うのです。


道路の暫定税率を維持したいと説明にやっきになっている自民党幹部ですが、わたしたちサラリーマンの減税が「暫定」だったからという理由でなんの情けもみせずにばっさり切り落とされた事を忘れてはいけないと思います。

自分たちに都合のいいことは「法律だから」ということで弱い立場の人の意見も聞かすばっさり切り落とすくせに、自分たちの都合の悪いことは法律をねじまげてでも通そうとする。

こういった姿勢をきちんと見極めて、選挙で私たちの意志を示さなければ私たちの暮らしは決して良くなりません。

私たちの家計を考えればわかりますが、収入のなかで暮らしをやりくりしなければならないのです。
道路に使うお金が少なくなるのは現状の私たちの経済状態を考えれば仕方ないのではないでしょうか?
今もどんどん値上がりしているガソリンや灯油などは私たちの暮らしの必需品なのです。
道路を作って交通の便が良くなる。
移動にかかる時間を短縮できる。
それも確かに大事かもしれませんが、道路は私たちの生活を直接楽にはしてくれません。
それと比べてガソリン、灯油の値上げは私たちにとって、まさに生きるか死ぬかの大問題なのです。

あるものを減らされたら困るというのが行政の立場の人の言い分ですが、あの人達はいったい私たちが受けているような痛みをいくらかでも自分たちの責任で担っているでしょうか?
痛みの部分は全部私たち国民だけに背負わせる。
一部の人達の利益を守るために大多数の人達の生活を犠牲にしようとしているのはみえみえです。
道路整備は必要なところにきっちり使うようにもっと厳しく使い道を考える必要があるところに今来ているのです。
使えるお金がありすぎるから無駄なものにお金を使いまくるんです。

足りないお金で必要なものをなんとか節約して生活する。
これは私たちが今必要に迫られて一生懸命に家庭でやっていることです。
政府にも当然これをやっていただくのは当然でしょう?

政権を交代しなければ絶対に今の状態は変わりません。

私たちは今までどれだけ政府与党、自民党に煮え湯を飲まされ、腹の立つ事をされてきたかをもう一度再認識しなければいけないと思います。

民主党や社民党、あるいは共産党は今の国民の声を聞こうとしてくれていると私は思います。
誰でも初めての事を任せるのは不安だとは思いますが、ここで政権交代をして一度野党に私たちの生活を改善してもらうしかないのではないか。
私はそう強く思います。


  1. 2008/01/21(月) 15:30:25|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

テレ東よ、お前もか

ソース
テレビ東京:不適切な映像の使用について

お正月番組「今年こそキレイになってやる!正月太り解消大作戦」の中の“冷え性は太る?ヨガで体を改善”というコーナーで山田花子さんが行ったヨガ体験後の血流スコープの画像がディレクターのものと差し替えだったというもの。

山田花子さんの血流スコープの映像でも改善はしていたが、ディレクターがより変化が明瞭な映像として、山田花子さんのではないものを使用してしまった、との事で、事実無根ではないのが救いでしょうか。

フジテレビ系の(関西テレビを強調する報道ばかりですが、一般視聴者の意識は”フジテレビの”のはずです)あるあるの捏造事件があったからこそ、今回の事実も明るみに出たことを考えると、あるある事件もある意味テレビ業界の歪曲放送に対する浄化効果があったのかも、なんて思ってしまいますが、「事実無根でないからまぁ良かった」なんて私自身考えてしまっていることがちょっと怖い気もします。

あるあるの捏造度があまりにひどいので他のがかわいく思えてしまうんですよね(^-^;

とりあえず観る側の私たちが、テレビ報道はまずそれが事実かどうか常に疑いの目を持つこと、その報道の根拠がどの程度示されていて、それが歪曲できる可能性がないかどうかをきちんと考えて見る事が必要だと思います。

食事も減らさず、運動もせずに痩せられるものなんてまずほぼないと思う自制心がとりあえずは必要なのではないでしょうか(笑)

  1. 2007/02/21(水) 10:26:13|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

柳沢厚生労働相がまた失言?

ソース

またも厚労相…「労働時間だけが売り物」答弁、撤回へ

もうなんというか、この人が普段(というか頭の中で)どれだけ人を見下しているかがうかがい知れますね。

政治家なんて程度の差こそあれ、おしなべてみんな頭の中ではこんな感じなんじゃないかと思ってしまいます。

こないだのTVタックルだったかに出ていた舛添要一氏も、あたかも自分が国家を牛耳っているかのような特権意識丸出しの発言をしてましたが、それにも増して腹立たしいのは、過去の発言、行動との矛盾を突かれたとき、こういう政治家が決まって言う、「そのとき自分は議員じゃなかった」っていう言い訳。

じゃあんたは自分の議員の期間しか責任取らないのか!

議員がみんなこんな意識だから、後先考えずに金ばら撒いて、自分の利益ばっか考えて、あとはどうなろうと知らぬ存ぜぬ、で国家は滅茶苦茶って事になるんじゃないんですか?

国民をあんまりバカにして見下していると、今にきっと痛いしっぺ返しを食うよ、ホントに。


  1. 2007/02/20(火) 11:12:06|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

当たり前だ!

人工衛星破壊実験、今後は行わず…中国国防相が表明

こんな発言をしたからって全然安心はできませんが、とりあえず言わないよりはマシ?

それより撒き散らしたデブリをどうするつもりなんでしょうか。

そのうち宇宙空間の「人工衛星保険」とかホントに必要になりそうで怖い。

宇宙人にでも監視してもらわない限り機能しないでしょうけど(^-^;



  1. 2007/02/13(火) 11:16:02|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝日新聞が記事盗用問題で脱「ジャーナリスト宣言。」

ソース
「ジャーナリスト宣言。」広告、朝日新聞が自粛

朝日新聞のこの「ジャーナリスト宣言。」のコマーシャルは個人的にはかなり好きなCMでした。

私の家も朝日新聞を読んでいるんですが、家族の多数決で決まってしまっているだけで、正直個人的には朝日新聞の内容には不満な点が多いのは事実です。
あくまで個人的意見ですが、かなり報道内容、思想に偏りがあるものがあり、文体も普通では使わないような表現が使われていて、たまに不快に思うこともあります。

でもこと宣伝に関して言えば過去のものも含め、朝日新聞の宣伝は非常に秀逸だと思っています。

今回のこの「ジャーナリスト宣言。」のCMも、「世界で起きていることを他人事ではなく自分の身に降りかかっていたとしたらどう思いますか?自分のこととしてニュースを感じよう」という強いメッセージを感じる、とても訴求力の強い映像で、素晴らしいと思っていました。
その一方で、朝日新聞を普段読んでいる読者として、「はたして朝日新聞はこのCMにふさわしい内容を提供しているんだろうか?」という点では疑問を感じていたというのは間違いない事実です。

でも、私としては、朝日新聞がこれからこういう志で変わっていくという宣言なんだろう、と好意的にこのCMを解釈していたんですが。

今回記事盗用問題で朝日新聞がこのCMを自粛したっていうこのニュースは個人的には「なに考えてるのかわからない」というのが正直な感想です。
タイトルにも書きましたが、私には「脱ジャーナリスト宣言。」としか取れないんですよね。

じゃあ代わりに「記事盗用すみませんでした。」キャンペーンでも張るっていうならまだ理解できますが。

前から思っていることですが、ニュース・報道に関わるメディア企業のこういう「なるべく腫れ物には触れないで人々が忘れるのを待つ」っていう姿勢には本当に腹が立ちます。

普段いろんな問題に対してえらそうな事を言っているメディアがいざ自分のこととなるとお決まりのお詫び会見のあとは蓋をして全くその後の追及をしなくなるっていうのは卑怯以外のなにものでもないと思います。

ジャーナリストっていうのはこういう対応をするもんだと思っているんでしょうか。

朝日新聞も今までCMを企画をしてきた人たちに新聞紙面も全面的にお任せしちゃったほうがよっぽどいい内容になる気がします。


  1. 2007/02/09(金) 11:47:33|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

ロッテが異物混入で「パイの実」を回収

ソース
gooニュース : ロッテのチョコ菓子に異物、56万箱回収

個人的に思うのは、こういうのってたとえば今回の場合、不二家の騒動があってマスコミも業界も敏感になっているから表面化したんであって、それがなかったら個別対応で済ましちゃってたりすることも結構あるんじゃないかな?っていうことです。

食に関係するものって特に信用、信頼が大切だと思うんですよね。
もちろん1日に何千、何万も生産する中には、あってはいけないんだけどこういうミスも出てきちゃうと思うんです。
不二家の場合は組織的に故意に衛生面での異常なまでのゴマカシがあったわけで、あれはもう根本的にやり直さないといくらヤマザキが助け舟を出しても復活は難しいと思いますが、しっかりと生産管理をしていてもイレギュラーとして出てきてしまったミスに対してどういう対応が取れるか、でその企業の信頼度が見えてくると思うので、今後もこういったしっかりした措置を一消費者として望んでいます。




  1. 2007/02/03(土) 14:41:26|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アニータ、アニータ、アニータ(x_x)

詳しい事情とかは全然知らないんだけど、ちょっと頭にくるので言わせてください。

なんでみんなあの「アニータ」をそんなに取り上げるの?

あの人、また日本の外貨を獲得しに出稼ぎに来てるんでしょ?

なんでテレビに生出演させてさんざん日本の税金を搾取した人にまた金を与えないといけないんですか。

調べ上げれば絶対なんかボロが出るんだから、日本の法律で逮捕すべきなんじゃないでしょうか。

あんな勝手なことが許されていいはずない!


  1. 2007/02/02(金) 08:56:55|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PC-Success破産?!

価格が非常に魅力的だったので私も何度か通販で利用したことがあるPCサクセスさんが破産の申し立てをしたという記事が出ています。
ITmedia News :“激安”「PC-SUCCESS」が破産申し立てへ

「対応が遅い」などのあまり良くない評判を聞いたこともありましたが、私が利用させていただいた限りではそれほど悪くない対応だったので、突然のこのニュースにはびっくりしました。

直前まで通販の振込み受付などをしていたそうなので、心配されている方も多いかもしれません。

最近は価格比較サイトなどで1円でも安いところから通販で購入する、というのがかなり一般にも浸透してきていると思いますが、サイトを見るだけではそのお店がどんな経営状態か、なんてわかりませんし、実際の店舗があるのかどうかもわからず、そのお店の規模さえホームページからではわからないですよね。

オークションだけでなく、普通のネット通販もこれからは今まで以上に注意して、安いだけですぐに手を出さずに慎重に購入しなければ、と自分にも言い聞かせています。

でもPCサクセスさんなんかは名前も一般に結構浸透していて知名度があるほうのショップさんなんじゃないかと思うので本当にちょっとショックなニュースでした。


  1. 2007/02/01(木) 10:19:31|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

そのまんまブーム、すごいですね

宮崎県の知事さんになられた東国原 英夫(ひがしこくばる ひでお)こと、そのまんま東さんですが、連日ちょっと加熱しすぎとも思える取り上げ方をされてますね。

私は正直、東さんはスキャンダルの印象が強く、最初知事への立候補を聞いたときはあまり良い印象をもてなかったんですが、宮崎県への熱い思いなどを聞くにつれ、だいぶその印象は変わってきました。

これだけ好意的な報道が流されていると、正直ちょっと洗脳されぎみの感もある気がしますが(^-^;

でも確かに非常に熱心に勉強されてきているようで、志も高く、前長野県知事の田中康夫さんの取り組みを参考に、それをより衝突の少ない形で県政に取り入れようという意気込みが感じられて、今後に期待が持てそうですよね。

皆さんは「そのまんまマニフェスト」と題された彼のマニフェストをどのくらいご覧になったでしょうか。

テレビからの偏った情報に踊らされないように東さんとその知事としての活動に興味を持たれた方は是非一度目を通して置くことをおすすめします。

私もまだ軽く流し読みした程度なんですが、誤解を恐れずあえて感じたままを言うと、テレビからの情報を聞いて思っていた印象ほどの内容ではないと思いました。

東知事本人も確か「急ごしらえだったので不完全ですが・・・」というような発言をされていたように思うのですが、具体的な数値目標が盛り込まれているとはいえ、本当に所信表明的な内容だなぁ、という印象です。

私の住む愛知県でも今度の日曜日に知事選挙があるのですが、愛知県でこの程度のマニフェストで戦ったとしたらたぶん当選は難しかったと思います。

愛知県は今回3候補が名乗りを上げているんですが、「マニフェスト」、としてきちんと発表している候補のマニフェストはもっと細かい内容が記されています。(ぺらぺらの「わたしの主張」のようなのしか出していない人もいますが)

テレビで解説の方が何人か言っていましたが、今回宮崎県は前知事の不祥事による辞任で新知事を選ぶことになった、というのがかなり東さんにとって追い風となったのは間違いないと思います。

あくまで私の印象、ですが、宮崎県はこれまで知事さんはじめ県政に携わる人たちが相当ぬるま湯に浸かっていたんではないでしょうか。
そこでなあなあで甘い汁を吸ってきている人たちが大勢いるわけで、東知事が言っていた「宮崎を良くする気持ちを共有しているから議会運営は大丈夫」とは(これは当然リップサービスでしょうが)決していかないと思います。

東知事がこれに屈してしまわないよう遠い愛知の地から応援しています。
(知事公邸は庭園など経費のかかるところを撤去するなどして一日も早く県民、国民が納得する形で決着をつけ手腕を発揮して欲しいところです)

宮崎県民も「公約にこだわらず柔軟に」などという人が多かったように思いますが、こういう優しい(悪く言えば甘い)県民性が知事、議員の不祥事につながっている面もあるんじゃないでしょうか。

公約は公約、マニフェストに書いたことを実現するという約束で選択した人なんです。
当選したとたんマニフェストを忘れてしまうようでは困ると思いませんか?

県のために一生懸命がんばってくれれば良い、なんて甘い事を言っているからあんな豪勢な知事公邸が建ってしまったということに、県民も反省する必要があるのではないかと思います。
(一生懸命する「ふり」なんて誰でも出来るんです。ようは結果で示さなければ「思い」だけでは意味がありません)

県民が払った貴重な税金がそこに使われている事を決して忘れてはいけないと思います。




  1. 2007/01/31(水) 01:09:48|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

納豆事件、「あるある」ではすまされません

「発掘!あるある大事典2」のデータ捏造事件、制作の関西テレビが役員の報酬カットなどの処分を発表しましたが、これって甘すぎると思いませんか?

今回の捏造、実験した結果のデータを少し誇張するとかいうレベルの話ではなく、そもそも納豆がダイエットに効くかどうかの検証をしたのかどうかすら疑わずにはいられないような完全な「嘘」だったわけですよね?

なんら実験していないにもかかわらず、メタボリックに対する治療効果があるかのような事象の捏造、こんなでたらめを全国放送で流しておいて、この程度の処分で責任を果たしたといえるんでしょうか。

法律には詳しくありませんが、これって「風説の流布」とかで刑事責任を追及できないんでしょうか。

また、関西テレビ制作とのことですが、この番組ってフジテレビの看板番組の一つという認識をしていた人も多いのではないでしょうか(私はその一人)

にも関わらず、フジテレビのこの事件に関する扱いはあまりにも少なく、他人事という印象さえ受けます。

不二家の事件に対して厳しく追求しているようなワイドショー番組で、「あるある」のこの件については全く触れない、あるいは事実をただ事務的に伝えるだけ、っていうのは卑怯だと思います。

こういう不祥事が起きるとその企業の本質が見えてくることが多いですが、私はこの事件で関西テレビだけでなく、フジテレビの「公共性を持つメディア」としての姿勢に非常に憤りを感じています。


  1. 2007/01/24(水) 13:07:46|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。