DonQuixote ガソリン税について一言

DonQuixote

面と向かって人には言えない、心の声を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガソリン税について一言

ここのところ私はガソリン暫定税率の維持問題について多く意見していますが、それはこの暫定税は絶対にやめなければダメだと本当に強く皆さんに訴えたいからです。

このガソリン税、そもそも違法に近い問題のある課税なんですが、皆さんお気づきだったでしょうか?

この税は公然と二重課税されているんです。

ガソリン税を上乗せした価格、これに対して消費税が掛かっているということなんです。
本来、税金部分に消費税を取られるなんておかしいですよね?
これが当たり前のようにずっと続いているんです。

私はこれは車に乗り始めた当初、ガソリンの領収書を見ておかしい、と思ったので実際にスタンドのオニイチャンに訴えたことがあるんですよ(笑)
そのときはなにやら上手く誤魔化されてしまったんですが、こんな構造的に問題がある仕組みなのに、これだけガソリン税が問題となり話題になっているにもかかわらず、政府からこれに関しての説明は一切されていませんよね?

問題になるところは隠したまま、さらに問題となっている暫定の税を10年間延長しようとしているんです。
10年ですよ?10年!

ガソリン税が環境にうんたらかんたら、とごたくを並べている与党と政府ですが、そもそも私たち一般消費者は税金をめちゃくちゃ取られているんです。

車の車検のときに払う重量税、これは重い車で走ると道路を傷めるから、という理由で取られる税ですが(そもそもこれもガソリン税との二重取りです)、これは道路を傷める度合いは普通の車より随分高いと思われるトラックなどの車の4倍もの高額な負担を強いられています。
しかもこれ、車検の時に前払いさせられ、途中で車を廃車にして登録抹消しても一銭も返ってきません

この根底には「車は贅沢品」という考えがあるようですが、じゃあ車がなくても生活できるような環境を政府はつくってくれているでしょうか??

地方の活性化というと二言目には道路整備という政府は車社会を目指しているとしか考えられないじゃないですか。そうでしょう?
環境の事を考えて、なんて偉そうな事を言うんだったら車なしで生活出来る社会基盤を作るための施策を一つでも発表してから言って下さい。

こうやって説明してくれば、政府と与党がいかに道路を造りたいだけの詭弁を弄しているかわかっていただけるのではないかと思います。

この暫定税の延長法案は絶対通してはいけないんです。

今私たちに出来る事は限られていますが、近いうちに必ず信を問う選挙が行われるでしょう。
そこで私たちは傍観しているのではなく、立ち上がって明日のよりよい生活のために一票を投じ、民意を示しましょう。

悔しいけれど、これが今私たちに出来る最良の策ではないかと思います。
野党の皆さんの頑張りに期待しています。

  1. 2008/01/31(木) 10:47:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ウォーター・ホースって海の馬?? | ホーム | ガソリンと天然水?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shabazz.blog77.fc2.com/tb.php/131-f756d48d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。