DonQuixote 無駄遣いをやめるにはまず予算を削ってしまうことです

DonQuixote

面と向かって人には言えない、心の声を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

無駄遣いをやめるにはまず予算を削ってしまうことです

額賀財務大臣を今日テレビで拝見しました。

彼は日本の株価低下は国内の消費低迷が原因であるということは認めていましたが、それに対する景気刺激策として、減税はどうしてもしたくないようです。

「世界経済は多様化しており、従来のような、景気低迷=減税or財源投入というような策が適当とは思わない」

んだそうです。

そりゃそうですよね。
今政府、与党がやっていることを真っ向から否定してしまうことになるんですから。

今現在の株価低迷は、金融界、財界の識者のみなさんの意見として、小泉首相の行っていた改革から逆行しているから、というものがあり、私もそれには賛成ですが、これも額賀さんはじめ政府与党の方々はたくみに話題をそらしています。

そりゃそうですよね。
なにしろ、小泉さんの頃に掲げていた道路特定財源の一般財源化をあっさり反故にしてなんとしても暫定税率を守ろうとしているのですから。

また、道路の予算を無駄遣いしないように民営化した道路公団ですが、これも今や絵に書いた餅になりつつあります。

だって、政府与党は暫定税率を今後10年間維持するっていうことは、道路造りの無駄は今まで通り続けます、って言っているのと同じです。

暫定税率維持の根拠となっている金額は、バブル経済の頃に立てられたものです。
いったいどこをどう見たら無駄遣いを減らそうとしていると取れるのでしょうか?


たとえば、国を親、道路族を子供だとしましょう。

この子供に今まで、親であるお父さんは、

「おまえも一人暮らし大変だろう。お父さん仕事も順調だしお金はいっぱいあるから、とりあえずこれから10年分の生活費としてお金を与えるから、自分で計画を立ててきちんとこれで生活するように」

といってまとめてお金を与えました。
ただお父さんは子供の生活費としていくらかかるかわからなかったので、金額は子供に聞いたんです。

子供はできるだけたくさんのお金を欲しいから、考え得る限りの高い値段を一生懸命に考えてお父さんに言いました。
お父さんは必要なら仕方がない、と子供には分不相応な高額でしたが、お父さんの仕事も順調で羽振りよかったので言われるままの金額を渡しました。

子供は大金を手にして舞い上がってしまい、別荘を買ったり腕は二本しかないのに腕時計を15個も買ったり、何千万もする外車を買ったりと、まるで成金のような贅沢な暮らしをしてしまいました。
もらったお金を少しでも余らせたら今度もらうときにこんな大金は必要なかったんだ、と思われて金額を減らされてしまうと思い、必死になって全部のお金を使い切りました。
それほどの大金でした。

10年経つと子供はお父さんに、「またこれから10年分のお金ちょうだい」といいました。
この頃はお父さんの仕事はなくなってきていてお金は借金をして生活を立てているような状態でした。
10年前に与えたようなお金を渡すような余裕はまったくありませんでしたから、お母さんは大反対しました。
「家も苦しいんだからそんな大金渡せません。第一、生活するのにそんな大金必要ないでしょう?」
とお母さんが子供に言うと、子供は言うのです。
「このお金がなかったら僕は服も買えなくなっちゃうよ。風邪をひいたらどうするの?車をやめて自転車や徒歩で行動して過労で倒れてしまうかもしれない。僕がどうなってもいいの?」

お父さんは子供がとてもかわいいので子供のためなら周りの人を傷つけてでもお金を工面してあげようと思っています。


今の状況は私にいわせればこんな感じです。

あったらあるだけ使おうと、年度末になるとあちこちで必要もない道路工事のオンパレードになるのは皆さんもよくご存知のはずです。

今までの国土交通省の無駄遣いぶりを見ていたら、これから10年、今までどおりのお金を与えられるでしょうか?

政府の言う暫定税率を今のまま通すというのは、
「今まで通りのやり方で、無駄遣いもしつづけますし、もらったお金はなんとしてでも使いきり、一円たりともお返ししません。」
と言っているのと同じです。

今度の暫定税率が万が一通ってしまったらまた高速道路をたくさん作るみたいですが、運輸関係の方々など大部分は通行料が高すぎて使うことを禁止されていたりします。
なんのための高速道路なんでしょうね。

わたしたちのレジャーのため?
でもガソリンは値上がり続きで遠出も考えちゃいますよね。

これで経済がよくなると言うなら、政府与党の方々は民主党に対案を出せ、と偉そうに言う前に、まず政府与党としてのきちんとした景気対策を発表してください。
官僚に言われるままの政策を通そうとしているだけでなんのビジョンもないのに、対案も何もないではないですか。

与党の言う対案っていうのは、今の無駄遣いをそのまま維持すること前提で、その財源をどうするのか、っていう対案を出せって言っているんですよ?
こんな国民感情を無視したばかげた意見をあたりまえのように聞き流していては絶対にだめです!


  1. 2008/02/10(日) 12:50:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

図書館の本はあなたの私物ではありません! | ホーム | ウォーター・ホースって海の馬??

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shabazz.blog77.fc2.com/tb.php/134-ef4815f9

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。