DonQuixote 中国の刑罰を見習うべき?

DonQuixote

面と向かって人には言えない、心の声を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

中国の刑罰を見習うべき?

NHKのBSで世界のニュース番組を紹介しているのを見ていたら、中国で食品にメラミンを混入させていた事件で逮捕された人への判決が流れていたんですが、その刑の重さにちょっとビックリしてしまいました。

死刑、無期懲役がほとんど。最初耳を自分の耳を疑ったくらいでした。

でも、このくらい重い刑罰でもいいんじゃないかとも思うんですよね。
だって、件のメラミン混入の事件では実際死者も出ていたと思うし、犯罪予防、という観点からも、
このくらい厳しい判決が出るとわかったら、確実に犯罪の抑制につながると思います。

さらに、これは日本にはないと思うんですが、執行猶予付きの死刑、というのもあったんです。
犯罪予防、再犯予防という観点からすると、これは強力に効くんじゃないかと思うんです。

こういった食品偽装は、懲りずに再犯を繰り返す犯罪者が非常に多いはずです。
先日もテレビで特集されていましたが、日本では産地偽装で逮捕されて有罪になっても、罰金程度のごくごく軽い罪にしかなりません。
そして、その特集では会社名を変えたりするだけで再び同じ事を繰り返している犯罪者が逆切れしていました。
捕まっても罰金を払う程度であれば、偽装によってそれをはるかに上回る利益を上げられるんですから、懲りない面々にとっては全く抑止効果なんかないわけです。
そもそもこういう事をする人間というのは自分の利益のためには他人はどうなってもいいという精神構造ですから、本当はせめて同じ商売はもう出来なくするくらいの罰があってもいいんじゃないでしょうか。

そういう意味では、中国のような執行猶予付きの死刑、これは強烈に再犯予防に効き目があるんじゃないでしょうか。
なにも食品偽装に限らず、飲酒運転なんかも執行猶予付きの死刑にすれば、再犯は激減するはずです。

仏の顔も三度まで、と言うように、同じ犯罪を二度も三度も繰り返すような人は死刑にしてもいいんじゃないでしょうかね。

というわけで、私は個人的には日本にも執行猶予付きの死刑、という量刑を取り入れる事を望みます。


  1. 2009/01/23(金) 00:15:40|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

省略の仕方おかしくない? | ホーム | 全トヨタ労働組合委員長の言葉

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shabazz.blog77.fc2.com/tb.php/163-90c33df0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。