DonQuixote

DonQuixote

面と向かって人には言えない、心の声を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バレンタイン ワーム、ウィルスにご注意を

もうすぐバレンタインデーですが、毎年この時期になるとこれに便乗した告白メールといった形でのワーム、ウィルスが流行します。

たいていはオール英語のメールだったりするので、日本人の私たちにとっては判別しやすいと言えばしやすいですが、国際派を自認される交友関係の広い方などはくれぐれもご注意を。

最近のスパムは結構手が込んでますので、「私は大丈夫」なんていう自信は禁物です。


  1. 2009/01/28(水) 10:08:14|
  2. Miscellaneous|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

民主党名古屋市議団ふざけるな!

私は今度総選挙があったら(いつになるかわからんけど)、政権交代が絶対必要だと考えているので基本的に民主党支持なんですが、今回の名古屋市長選挙にまつわる河村たかし議員と民主党名古屋市議団のごちゃごちゃには本当に腹が立ちます。

なぜ民主党の名古屋市議団が河村さんの立候補に反対かと言えば、なんでも河村さんが市議の歳費削減などを主張しているからだそう。

この不況下、名古屋もトヨタのお膝元ということで派遣切りや雇い止めなどで苦しんでいる人がいっぱいいるのに、このバカたれどもは自分らの既得権益を守ることしか考えていない。

民間企業がバタバタ倒れ、リストラやボーナス減額などもどんどん増えている現状で、自分たちは全く知らぬ存ぜぬで自分の利益を守るためにここまで必死になれるって、どんだけ自分勝手なわけ?

政権交代という民主党への追い風に乗ってこんなアホどもに投票してしまった私たちにも責任の一端はあると思いますが、本当に腹が立つ!

政権交代のためには民主党を応援しないわけにはいかないけど、こんなクソ議員には今後絶対投票するわけにはいきません。

地方議員は弱者の事を考えてくれている共産党くらいしか選択肢がないかも・・・
しかし共産党の候補者がいない地区もあるしなぁ・・・

政治家の給料は生活保護と同額くらいにして、おいしい汁を吸うことができないような仕組みにしないと、特に地方議員はほんと無茶苦茶です。

これから名古屋も景気どんどん悪くなるはずだから、今までトヨタにおんぶに抱っこだった議員たちの化けの皮がどんどんはがれてくると思います。

私たちはそれをしっかり見定めて、腐ったリンゴを排除していかなければいけませんね・・・

こうなったら逆にますます河村さんを応援したい気持ちなんですけど、立候補は無理なんでしょうか。

河村さん、「名古屋に恩返しを」と言っているんでしたら、自分の事しか頭にない民主党名古屋市議団の推薦する候補と真っ向から対決してください。

名古屋の賢明な人たちはきっとあなたを当選させると私は信じています。

トヨタ関連の組織票だって、去年から今年にかけてトヨタがやって来たことに頭に来ている人は大勢いるはずで、必ず切り崩せると思います。


ちなみに自らの権利をかたくなに主張なさっている民主党名古屋市議団の皆様方は以下の通り
nagoyasigidan.jpg


  1. 2009/01/27(火) 19:18:11|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

田村さんからのお年玉

DSC06431.jpg

もう先週の話なんですが、今年も侘しいお正月を過ごした私に、サッポロさんからこんなものが届きました。

田村正和さんが宣伝をしている、ビールと間違えちゃう、と評判の「麦とホップ」12本。

お年玉キャンペーン?に去年応募していたのが当選したんですが、実はすっかり忘れてしまっていました。

なのでなおさら嬉しかった(笑)

最近は発泡酒でさえなかなか買わないで節約生活していたので、本当にありがたいです。

ちなみに今日発表だったお年玉付き年賀はがきは一枚も当たっていませんでした・・・

でも、皆さん、懸賞も全然当たらないな~なんて思っていても諦めずに応募していたらそのうちきっと当たりますよ。
クレジットカードも審査落ちまくっても気にしないことです(あれはなぜか妙に落ち込みますけど(笑))
でもムキになって連続して応募したりしたらダメですよ。
そういうのって記録されちゃうんです。気をつけましょう。

しかし、最近映画の試写会とか全然当たらないんですよね~(x_x)


  1. 2009/01/26(月) 17:50:10|
  2. Miscellaneous|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SBIカードにちょっと不安あり?

こないだSBIカードに申し込みしました、って書いたんですが、SBIさんってちゃんと仕事してますか?(笑)

ここ
http://www.sbicard.co.jp/online/examination/login.do

で審査状況の確認とかできるようになっているんですが、まぁこれが全然使えません。
いっつもメンテナンス中。

やる気あるんでしょうか、この会社。
すぐ下にインフォメーションデスクの電話番号と、「24時間年中無休」って書いてあるんで、
全部こっちに問い合わせろって事なんでしょうか?

なんとなく今回も審査は通らない気がしてきました(笑)

サービスは魅力的なんですけどね~。これじゃちょっと使うのも不安かも。


  1. 2009/01/26(月) 10:22:59|
  2. Miscellaneous|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寛平さんにいつも元気をもらっています

間寛平さんが地球一周のアースマラソンに挑戦されていますよね。
便利な世の中になったもので、その経過は公式サイトで逐一報告されています。

http://www.earth-marathon.com/

こうやって生の声を毎日のように聞けたり、動画まで見ることが出来るなんて本当に
技術の進歩はすごいですね。
ご家族も不安がだいぶ紛れるのではないでしょうか。

でも逆に状況が分かるからこそ心配、という面もあるかもしれません。

とにかく、私はいつもこのサイトをチェックさせていただいていて、そのたびに元気を分けてもらっています。

まだまだ先は長く、厳しい道のりが待っていると思いますが、くじけることなく頑張って欲しい。

がんばれ! 寛平ちゃん!


  1. 2009/01/26(月) 09:44:57|
  2. Miscellaneous|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

麻生内閣に関するアンケートに答えると全員プレゼント

麻生内閣に関するアンケートでJTB旅行券10万円分!

↑こちらで行われている麻生内閣に関するアンケート調査に協力すると、その場で10万円のJTB旅行券や1000円分のVISAギフト券がもらえます。

私も麻生内閣には常々言いたいことがあったので、不満ぶちまけてやろうと思ったんですが、たった2問の選択問題があるだけでちょっと拍子抜け(笑)

ただ、その後にご意見投稿、として
「今年の衆議院選挙で政治に望むことや、政治がすべきこと」
について意見を投稿することができるようになっているので、普段思っている事を書いて、プレゼントゲットしましょう。

申し込みには3つのメールマガジンへの登録が必要となりますので、出来ればサブのメールアドレスなどで登録した方がよさそうです。

私も思いのたけを意見にして投稿しましたが、どうもこのアンケートサイト、なにかにつけて資料請求やメルマガ登録にからめてくるので、適当なところで切り上げておいた方がよさそうです。



  1. 2009/01/25(日) 15:26:36|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

省略の仕方おかしくない?

ネットを使っていると色々と知らない用語が出てきます。

今日初めて知った言葉、というか省略語。

「IYH」

これ↑
なんか衝動買いしてしまうような事を指しているというのはなんとなく文脈からわかったんですが、
「イヤッホゥ」
これの省略なんだって。

なんだそれ(笑)

どうも、KY(空気読めない)あたりから、私には理解できない省略語が増えてます。

省略するにしてももうちょっとスマートに出来ないもんでしょうかね・・・


  1. 2009/01/25(日) 09:49:44|
  2. Miscellaneous|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国の刑罰を見習うべき?

NHKのBSで世界のニュース番組を紹介しているのを見ていたら、中国で食品にメラミンを混入させていた事件で逮捕された人への判決が流れていたんですが、その刑の重さにちょっとビックリしてしまいました。

死刑、無期懲役がほとんど。最初耳を自分の耳を疑ったくらいでした。

でも、このくらい重い刑罰でもいいんじゃないかとも思うんですよね。
だって、件のメラミン混入の事件では実際死者も出ていたと思うし、犯罪予防、という観点からも、
このくらい厳しい判決が出るとわかったら、確実に犯罪の抑制につながると思います。

さらに、これは日本にはないと思うんですが、執行猶予付きの死刑、というのもあったんです。
犯罪予防、再犯予防という観点からすると、これは強力に効くんじゃないかと思うんです。

こういった食品偽装は、懲りずに再犯を繰り返す犯罪者が非常に多いはずです。
先日もテレビで特集されていましたが、日本では産地偽装で逮捕されて有罪になっても、罰金程度のごくごく軽い罪にしかなりません。
そして、その特集では会社名を変えたりするだけで再び同じ事を繰り返している犯罪者が逆切れしていました。
捕まっても罰金を払う程度であれば、偽装によってそれをはるかに上回る利益を上げられるんですから、懲りない面々にとっては全く抑止効果なんかないわけです。
そもそもこういう事をする人間というのは自分の利益のためには他人はどうなってもいいという精神構造ですから、本当はせめて同じ商売はもう出来なくするくらいの罰があってもいいんじゃないでしょうか。

そういう意味では、中国のような執行猶予付きの死刑、これは強烈に再犯予防に効き目があるんじゃないでしょうか。
なにも食品偽装に限らず、飲酒運転なんかも執行猶予付きの死刑にすれば、再犯は激減するはずです。

仏の顔も三度まで、と言うように、同じ犯罪を二度も三度も繰り返すような人は死刑にしてもいいんじゃないでしょうかね。

というわけで、私は個人的には日本にも執行猶予付きの死刑、という量刑を取り入れる事を望みます。


  1. 2009/01/23(金) 00:15:40|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

全トヨタ労働組合委員長の言葉

今日の朝日新聞、愛知総合欄に、全トヨタ労働組合の若月忠夫委員長のインタビューが掲載されていました。
私は愛知に住んでいるのでよくわかりますが、確かにトヨタという会社はこの愛知の経済発展に大きく寄与している(いた?)と思います。愛知のみならず全国の、と言ってもいいかもしれませんね。
しかし、今回の大不況の中、この会社がどういう行動を取ったかを見れば、この会社が労働力をただの材料としてしか見ていない事は明白です。

ただ、この少数派労組の組合委員長のかたの記事を読んで、トヨタの中にもこういう、本当にラインで働く労働者の事までをきちんと考えてくれている方がいるのだと知って嬉しかったです。

この記事ではトヨタの車が国内で売れなくなったのは、「車を買えない若者を生み出したことが最大の原因」と話しています。

本当にその通りだと私も思います。
期間従業員として雇われる人たちはそのほとんどが自分たちが作っている車を買うことなんかできないでしょう。
毎日の暮らしさえままならないのですから。
しかも派遣期間がこないうちに契約を切られてしまうかもしれない恐怖と闘いながら、です。
世間からの批判を受けて、契約期間中に契約を切ることは撤回するようですが、それでも今回の契約期間が終了とともに全契約社員を再契約しないと決定したそうです。

去年までの事を皆さん覚えておいででしょうか。
内部留保をしなければ世界での競争に勝つことはできない、というもっともらしい事を言いながら、トヨタは利益をあげ続けました。
そのために下請けの会社やラインで働く契約社員の皆さんがどれほどしわ寄せを喰らって大変だったか、私はよく知っています。
トヨタという会社が大儲けをしているときも、関連するほとんどの人の生活はそんなに潤いはしなかったはずです。

そういったがむしゃらな経営の結果、トヨタは世界一の自動車会社になりました(あくまでも売り上げで、ですが)

ところが今年、円高と不況が襲いました。
確かに100年に一度の不景気と言ってもいいかもしれません。
世界的な同時不況ですから。

でも、そこでどこよりも踏ん張りのきくはずのトヨタ、キャノンといった大メーカー、日本を代表する大メーカーは我先に、先を争って派遣切りに動きました。

なぜならこういった製造業への派遣はもともとトヨタ、キャノンが先導を切って導入を要求した制度であり、それはなぜかといえば、こういう、利益が薄くなったときに簡単に調整できる労働力として期待していたからです。

それをなんの恥じらいもなく、実行に移しただけなんです。

私は今年トヨタがいきなり赤字転落したのには会計のトリックがあると思っています。
会計には技、というか、数字のマジックがあって、設備投資や減価償却の計上のタイミングややり方でいくらでも黒字幅や赤字をコントロールできるものなんです。

こういう不況のおり、派遣社員を本当に「物」としてばっさり切っているこういった会社が、世間の悪い評判を避けるために、実際以上に状況が悪いと宣伝するためにこういった会計トリックを使っていると私は強く信じています。

そもそもトヨタなんて、無借金経営をしているんですよ?
なんで今年単年度赤字になったからといって派遣社員、契約社員を全員切らなければならないんでしょうか。
中小企業で資金繰りに苦労し、必死になって金策に走っている経営者の皆さんは、自分の会社の社員の解雇は最終手段、どうにもならなくなるまでなんとかして首を切らずに済むようにと必死に頑張っておられるはずです。

トヨタが今まで利益を上げてきた分を社員にいったいどれだけ還元したというのでしょうか。
寮を用意して期間従業員を集めに集め、残業残業でぞうきんを絞るように安い労働力を使いまくり、ちょっと景気が悪くなったら住むところがなくなろうがなんだろうがばっさり切る。
後の保証もなにもなしに切れるわけです。自分たちでそういう都合のいい労働力としてそういう制度を作るように働きかけていたのはこういうことをするためだったのですから。

国内一の大企業がこういう理念もなにもない利益だけ追求する経営なんですから、国の景気が悪くなるのは当然、もちろんこういう契約社員、期間従業員の皆さんがトヨタの車を買うかどうか、考えるまでもないでしょう。
今はもちろん車を買うのに回すお金がないから買えないのですが、景気が良くなって車が買えるようになってもこんな仕打ちをした企業の車を買うかどうか、自分がこういう立場だったら買うと思うかどうかを大企業の偉い人たちは考えてみたことが一度でもあるんですかね。


同じ朝日新聞に、日本人材派遣協会が「派遣切り」という言葉を使わないようにと、各報道機関に文書を送ったという記事がのっていました。

私は大多数の派遣会社がどういう姿勢で派遣社員を集め、使っているかを今までいろいろ見てきました。
中には違う立派なところもあるかもしれませんが、大部分の派遣会社はひどい扱いです。
こういった派遣会社が今までどれだけ不当に利益をむさぼってきたかを知っている者としては、こんなことを言う権利は派遣会社にはないと思っています。

派遣切り、という言葉が適切でない、とのことですが、そもそもほとんどの派遣会社の「派遣」というのは言葉だけ。
会社の都合のいい労働力として人情のかけらもない金づるとしてしか見ていないんですから、派遣切りを使う使わないより先に、「派遣」なんて立派な言葉を使わず、「奴隷労働力」とでもして欲しいくらいです。

いっそのこと派遣労働は全面禁止にした方が、日本に巣喰うガンは簡単に排除できて、景気回復も早まると思います。

今まで一番楽して儲けてきたのは人材派遣会社なんですから。


  1. 2009/01/21(水) 22:53:18|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

解散総選挙まであと何日?(というか、ホントに解散するの?)

ずいぶん長い間ここをほったらかしにしていたんですが、久々に更新しています。

自分の以前の記事をちょっとだけ読んでみましたが、私が政府与党に対して色々と怒っていたことは解決されるどころかますますひどくなっている現状に力が抜ける思いです。

私たちの民意を反映させるための総選挙、これは延ばし延ばしにされて、結局総理大臣の首だけが何回もすげ替えられただけで、任期いっぱいまで引き延ばされてしまいそうです。

今の自民党の力の源泉、衆議院の絶対多数の議席は、もう何代前か忘れるくらい前の総理大臣、小泉純一郎さんが首相だったときの「郵政民営化」一点に焦点を当て、刺客だのなんだのと芝居じみた演出が行われた結果得たものです。

その力にものを言わせて、有無を言わさずごり押しで今まで自民党が通してきた法案の数々に私たちがどれだけ苦しめられたでしょうか。

ガソリン税の暫定税率も結局ごり押しで再可決されてしまいました。
ガソリン自体は一時期の高騰が収まって今は安い値段で落ち着いているからもう皆さん忘れかけている方も多いんではないでしょうか。

麻生さんは定額給付金を選挙対策のために必死でくばろうとしていますよね。
かなり多くの国民が「あとで消費税増税というお返し付きの給付金なんていらない」と言っています。
国民もバカじゃありませんからね、当然です。

こんなに景気が悪くなったのはなにも日本という国が悪かったからじゃないのは間違いありませんが、ガソリンが滅茶苦茶高くなった時に私たちのことなんか全然かえりみず、道路族を守るために暫定税率を必死で守り通し、期限切れで一ヶ月安くなったあと、混乱するのはわかりきっているのに、それでも無理矢理暫定税率を維持する法案を再可決したときの、国民をバカにした対応を私たちは決して忘れません。
あのとき国民の目線に立って、景気対策をもっとしっかりやってくれていれば、今のような悲惨な状況にはなっていなかったと私は思います。

カップラーメンを400円と言い、毎日ホテルのバーで憂さ晴らしをし、漫画を読みふけって誤字誤読で世界に恥をさらし続ける総理大臣に、私たちの気持ちはきっとわかってはもらえないでしょう。

自民党の中にも利権にまみれる人ばかりではなく、渡辺嘉美さんのように国民のためを考えて行動されている議員もいるようです。

どれだけ先延ばししようとも、自民党がこの次の選挙で勝てるとはとうてい思えません。

しかし、今までのしがらみ、与党と密着して利権を得ていた人たちの力は決してあなどれません。

だからこそ、民主党の小沢さんは選挙に対して警戒を怠らず、戦闘モードで闘っているのだと私は思っています。

もし今度、またも自民党が過半数を取って勝つようなことがあったら、日本という国はもうおしまいです。

私たち一人ひとりが、「今の政治は不満だけど、民主党も頼りないから」なんていう理由で今までさんざん煮え湯を飲まされてきた自民党を再び選ぶような事をしたら、今よりますます生活は苦しく、ひどくなるということを肝に銘じなければいけないと私は思います。

警察が頼りないから、といって犯罪者に治安を任せたりはしないでしょう?

もう自民党に官僚を制御する力は全くないのです。
総理大臣までもがその手先になってしまっているのですから。


  1. 2009/01/20(火) 20:12:43|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

図書館の本はあなたの私物ではありません!

図書館。皆さん活用していますか?
私も読書が好きなので便利に活用させていただき、いつもありがたいと感謝しています。

その図書館の本ですが、まるで自分のもののようにアンダーラインや書き込みをしているものが結構たくさんあるんです。
なかにはひどいものは写真を切り抜かれているものさえあります。

図書館の本はみんなで使う公共の財産です。
勝手に落書きやアンダーラインを引くのは止めてください。
結局返すんだからそんなことしてもあなたの頭には入らないでしょう?(笑)
自分でノートにメモするなり、他にうまい活用方法はいっぱいあるはずです。

自分の私物にもし他人が勝手にそんなことをしたらあなた自身がどう思うか、一度良く考えてください。

みんなが気持ちよく利用出来るように協力しましょうよ、ね?


  1. 2008/04/10(木) 15:25:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無駄遣いをやめるにはまず予算を削ってしまうことです

額賀財務大臣を今日テレビで拝見しました。

彼は日本の株価低下は国内の消費低迷が原因であるということは認めていましたが、それに対する景気刺激策として、減税はどうしてもしたくないようです。

「世界経済は多様化しており、従来のような、景気低迷=減税or財源投入というような策が適当とは思わない」

んだそうです。

そりゃそうですよね。
今政府、与党がやっていることを真っ向から否定してしまうことになるんですから。

今現在の株価低迷は、金融界、財界の識者のみなさんの意見として、小泉首相の行っていた改革から逆行しているから、というものがあり、私もそれには賛成ですが、これも額賀さんはじめ政府与党の方々はたくみに話題をそらしています。

そりゃそうですよね。
なにしろ、小泉さんの頃に掲げていた道路特定財源の一般財源化をあっさり反故にしてなんとしても暫定税率を守ろうとしているのですから。

また、道路の予算を無駄遣いしないように民営化した道路公団ですが、これも今や絵に書いた餅になりつつあります。

だって、政府与党は暫定税率を今後10年間維持するっていうことは、道路造りの無駄は今まで通り続けます、って言っているのと同じです。

暫定税率維持の根拠となっている金額は、バブル経済の頃に立てられたものです。
いったいどこをどう見たら無駄遣いを減らそうとしていると取れるのでしょうか?


たとえば、国を親、道路族を子供だとしましょう。

この子供に今まで、親であるお父さんは、

「おまえも一人暮らし大変だろう。お父さん仕事も順調だしお金はいっぱいあるから、とりあえずこれから10年分の生活費としてお金を与えるから、自分で計画を立ててきちんとこれで生活するように」

といってまとめてお金を与えました。
ただお父さんは子供の生活費としていくらかかるかわからなかったので、金額は子供に聞いたんです。

子供はできるだけたくさんのお金を欲しいから、考え得る限りの高い値段を一生懸命に考えてお父さんに言いました。
お父さんは必要なら仕方がない、と子供には分不相応な高額でしたが、お父さんの仕事も順調で羽振りよかったので言われるままの金額を渡しました。

子供は大金を手にして舞い上がってしまい、別荘を買ったり腕は二本しかないのに腕時計を15個も買ったり、何千万もする外車を買ったりと、まるで成金のような贅沢な暮らしをしてしまいました。
もらったお金を少しでも余らせたら今度もらうときにこんな大金は必要なかったんだ、と思われて金額を減らされてしまうと思い、必死になって全部のお金を使い切りました。
それほどの大金でした。

10年経つと子供はお父さんに、「またこれから10年分のお金ちょうだい」といいました。
この頃はお父さんの仕事はなくなってきていてお金は借金をして生活を立てているような状態でした。
10年前に与えたようなお金を渡すような余裕はまったくありませんでしたから、お母さんは大反対しました。
「家も苦しいんだからそんな大金渡せません。第一、生活するのにそんな大金必要ないでしょう?」
とお母さんが子供に言うと、子供は言うのです。
「このお金がなかったら僕は服も買えなくなっちゃうよ。風邪をひいたらどうするの?車をやめて自転車や徒歩で行動して過労で倒れてしまうかもしれない。僕がどうなってもいいの?」

お父さんは子供がとてもかわいいので子供のためなら周りの人を傷つけてでもお金を工面してあげようと思っています。


今の状況は私にいわせればこんな感じです。

あったらあるだけ使おうと、年度末になるとあちこちで必要もない道路工事のオンパレードになるのは皆さんもよくご存知のはずです。

今までの国土交通省の無駄遣いぶりを見ていたら、これから10年、今までどおりのお金を与えられるでしょうか?

政府の言う暫定税率を今のまま通すというのは、
「今まで通りのやり方で、無駄遣いもしつづけますし、もらったお金はなんとしてでも使いきり、一円たりともお返ししません。」
と言っているのと同じです。

今度の暫定税率が万が一通ってしまったらまた高速道路をたくさん作るみたいですが、運輸関係の方々など大部分は通行料が高すぎて使うことを禁止されていたりします。
なんのための高速道路なんでしょうね。

わたしたちのレジャーのため?
でもガソリンは値上がり続きで遠出も考えちゃいますよね。

これで経済がよくなると言うなら、政府与党の方々は民主党に対案を出せ、と偉そうに言う前に、まず政府与党としてのきちんとした景気対策を発表してください。
官僚に言われるままの政策を通そうとしているだけでなんのビジョンもないのに、対案も何もないではないですか。

与党の言う対案っていうのは、今の無駄遣いをそのまま維持すること前提で、その財源をどうするのか、っていう対案を出せって言っているんですよ?
こんな国民感情を無視したばかげた意見をあたりまえのように聞き流していては絶対にだめです!


  1. 2008/02/10(日) 12:50:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。